大腸内視鏡について

大腸がんが大変増えています。
早期のがんならば、内視鏡による治療でほぼ治せます。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡を受けられる患者さまへ

大腸の検査では、腸の中に食べ物・カス・便が残っていると正しい診断が下せません。
残っている便などで病変が隠れてしまうからです。
そのため、検査前には下剤を飲んで、大腸の中を空にするなど、前準備が必要です。注意事項を必ず守ってください。
また、検査そのものは30分もかかりませんが、前準備に時間がかかるため、時間の余裕があるときに検査を受けることをお勧めします。

大腸内視鏡でわかる病気

炎症、腸炎、難病に指定されている潰瘍性大腸炎やクローン病、ポリープ、大腸がん 等

上記病状で見られる自覚症状
以前は感じたことのないお腹の痛み
下痢
便秘
腹部膨満感
下血(粘血性)

特徴

早期に近い大腸がんは自覚症状がないことが、発見の遅れにつながっています。
40歳以上の方は年に一度、大腸がん検診を受けることをお勧めしています。
40歳を過ぎたら大腸がんになる人が増えてくるからです。

利点①

検査中に、良性のポリープを取り除くことができます。
良性のポリープでも、種類によっては除去するほうが、将来大腸がんになる確率は減る(がんになる可能性が低くなる)という考え方もあり、当院でも注視しています。
検査中にがんではない良性のポリープを発見した場合は、切除をお勧めしています。
悪性腫瘍の可能性がある場合は、より高度な検査が必要なため、信頼できる医院をご紹介しています。

  • 板橋区医師会
  • 板橋区医師会
  • お気軽にお問い合せ下さい 092-651-0584
  • bnr02_spimg.png
  • 24時間受け付けています メールでのお問い合わせ
  • 24時間受け付けています メールでのお問い合わせ