内視鏡のご案内

病気発見のためだけではなく、不安も取り除く内視鏡検査

当院は、食道、胃と大腸の内視鏡検査を行っています。
特に、食道がん、胃がん、大腸がんの早期発見に力を入れています。



内視鏡検査が怖い患者さまへ

検査は、できるだけリラックスして受けていただくほうが、より楽に行えます。
気になることや不安なことは、我慢せずになんでもお伝えください。
ご希望の方には、緊張を取るために眠たくなるくすり(鎮静剤)を使うこともできます。
その場合は、検査後、少しフラフラすることがありますので安静にしていただく時間が必要ですが、検査を楽に受けることができます。

胃カメラ検査

特徴

内視鏡検査では、バリウム検査では見つかりにくい微細な病変を発見できます。
例えば、逆流性食道炎や胃炎、軽度の出血など、色の変化で診断できるものです。

利点①

検査中にがんなど悪性が疑われる病変が見つかった場合は、検査途中に組織を取り、より詳しい検査をすることも可能です。
胃の中を観察することで、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうか予想できるため、その場で感染を確認する検査も可能です。

利点②

胃カメラは、胃の中を空っぽにすれば検査が可能です。
当院では、絶食で来院された方なら希望があれば、当日の検査も行うことができます。
胃の調子がおかしいと感じた場合、お一人で悩むよりも、まずは受診されることをお勧めします。
早めの受診により、手遅れになる前に最適な治療法を見つけることも可能となります。どうぞお越しください。
※ 胃カメラでわかる病気… 炎症、胃炎、食道炎、ポリープ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃アニサキス症、食道がん、胃がん、咽頭・喉頭の病気、等

ヘリコバクターピロリ菌(ピロリ菌)について

ピロリ菌は胃の中に感染する細菌です。
この菌を持っていると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったり、胃がんになるリスクが高くなったりします。

ピロリ菌によるがん化のリスクを下げるためには、除菌が一番の近道です。
ピロリ菌の検査は、保険診療の場合、胃カメラ(内視鏡)検査が必要です。

胃カメラ検査とピロリ菌治療の流れ

  1. 1胃カメラ(内視鏡)検査
  2. 2ピロリ菌が見つかれば、薬を1週間飲む
  3. 3薬を飲み終わると1カ月以上間を置く
  4. 4胃をからっぽで尿素呼気試験
  5. 5除菌成功の場合、年に1回程胃カメラ検査をして経過を診る
  6. 6除菌不成功なら2次除菌(以降は、1次除菌と同じ流れ)

※保険診療は2次除菌まで適応です。

ピロリ菌に感染している場合に多い症状

胃が痛い
食欲がない 等さまざま
胃の不快な感じ

感染の原因

親子感染(特に母子感染) ※疑いがあれば、検査をお勧めします。
5歳くらいまでの幼少期に、上下水道が整備されていない生活環境だった   たとえば、井戸水生活だった 等

除菌後の注意事項

除菌で一旦症状が治まっても、個人差がありますが、症状が再発する場合もあります。
除菌後、一時的に胃酸がよく出て胃が荒れるなど一過性の症状が出る場合もあります。
除菌したあとは、年に一回程度の胃の検査をおすすめします。
  • 板橋区医師会
  • 板橋区医師会
  • お気軽にお問い合せ下さい 092-651-0584
  • bnr02_spimg.png
  • 24時間受け付けています メールでのお問い合わせ
  • 24時間受け付けています メールでのお問い合わせ